読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LENOとゲームと徒然日記

視覚に障害のあるLENOが日常とゲームをただただ綴るだけの日記です。

手術と手術後

棚障害と軟骨の損傷だったみたいです。

それも結構悪かったみたいで、どうにも長引きそうでした。

 

手術自体は問題なく終わったそうです。

 

車椅子への移乗をすると、どうにも右の膝の痛みが目立つようになり、うまく自力で乗れないのが本音…(^^;;

それでも痛みこらえてなんとかトイレに行ったりしています。

 

車椅子生活はまだまだ続きそうです。

あと、明るい女の子とも仲良く慣れたしね♪色々とサポートしてくれて有難い。

 

 

 

 

手術前日

気がついたらもう明日なんですね。

今日は病院に10時ごろに到着、そのまま入院棟の方へと向かいました。

未だに変な感じしますが、4度目の入院、目も含めて5回目の手術になります。

全身麻酔なので、21時から絶飲食だそう。

今の時点でめちゃくちゃお腹が空いて居る私って…笑

 

明日はどうなるやら。

 

先ほど医者からの手術内容の説明がありました。

いよいよかなぁ。

 

あ、昨日、パートナーの盲導犬を預けるため飛行機で羽田まで行きすぐにとんぼ返りして来たレノです。

さすがに疲れました(^^;;

 

でもでも、割といい体験ができたのでよかったかな。

同じクルーさんたちと行って帰ってこれたので笑

 

そろそろ消灯時間。

寝ます。

おやすみなさい。

色々と問題が山積みで…

一昨日、術前検査にいったのは良かったものの、一番恐れてた問題が出て来て落ち込んでいるレノです。

 

実を言うと私は画面など、バックライトのあるものならある程度輝度を強くすると画面の画像や映像、文字など少し大きくすれば読める程度の視力があります。

しかし、画面のないいわゆる、みなさんが日常で見ている世界は磨りガラスを通して見ているような感じなのです。

故に、白杖や人など、補助介助がないと歩けません。

そのため、私自身盲導犬と生活をしているわけなのですが、手術をすることになった当初はかなり前向きだった盲導犬との入院も、今回難色を示されてしまったと言う感じなのです。

 

すごくショックというか、、、薄々はわかっていたつもりでしたがやはり言葉にされると辛いものがあります。

 

他の看護師さんや私がずっとかかっている整形のPTさんはすごく理解を示してくださったものの、医者からの言葉にはやはり反論や無理強いはできないので、仕方ないですよね…。

 

ボソッとここで愚痴をこぼすなら、盲導犬の衛生面に関しては人間よりも綺麗だとどこかの学会で論文か何かが発表されているという話が使用者同士で出ていましたし、パートナーの行動マナーなど、しっかりと掌握していて、協会から卒業するのに厳しい訓練をこなして来た自分からしてみれば納得はいかないですが…。

 

これ以上無理を言って盲導犬への理解を壊すことや、自分自身が居辛くなるのもいけませんし、今回は諦めて東京へ一旦パートナーを預けることにしました。

 

退院してからゆっくり理解を深めていけばいいですしね。

 

ことを急いては事を仕損じるといいますから。

 

とりあえず、パートナーがいない間にしっかり治して迎えに行っていろんなところを歩きたいかなと。

 

 

あと、問題といえば膝の軟骨の侵食?も進んで居るのが気になるところですが、一昨日、短期間にここまで悪くなるのは別の何かがあるかもしれないとかって恐ろしいことを言われたのはきっと気のせい。

 

手術して開けてみないとって言われました。そのあと手術の結果とMRIとCTでなんだったのかが正確にわかるらしいので、そこには期待してます。笑

 

けして悪性とかではないことを祈りつつですけどね。

 

 今日は大学病院にもう一度MRIの画像撮り直したものを持って行ってきます。

膝の病気

左の膝は、ここ2年位痛みが引かず、痛みから長い時間歩くことができないでいたLENOです。

 

小さい頃から繰り返し転倒し膝に衝撃が加わっていたことで、二次性変形性膝関節症になっていたところに体重増加で更に負荷がかかっただけのある意味自業自得の状態なのかなと諦めていました。

 

ヒアルロン酸を膝に注射したりリハビリで筋力をつける訓練をしたり色々やっていても、やはり痛みが取れなくて、ずっと困っていました。

 

そして、先月、大学病院を紹介され受診しに行きました。

 

結果はおそらく、タナ障害と変形性膝関節症でした。(そう先生が言われていた)

 

そして、手術することになり、順番待ちで数ヶ月と言われ、予約して終了しました。

その後、1ヶ月くらいで順番が来たようで、4月4日に手術することになったのです。

 

実際どうなるかはやってみないとわからないところが多いみたいで、治るのかすらわからないみたいです。

 

そして、入院の前にMRIをもう一度撮影することになり、きのう左膝のMRIを撮影。

 

以前取ったときよりも更に5ミリ軟骨がすり減って合計1センチくらいえぐれてるらしいと知って少し落ち込んでいたりします。

 

来週は右膝。

 

まずはしっかり治すことを目標に悪化しないよう運命の日までおとなしく(必要な運動とか、仕事とかはもちろんしますけど)しておくとします。

ブログを開設しました。

はじめまして、LENO(レノ)と申します。

視覚に障害を持っていて、殆ど見えていませんが、ゲームと音楽が大好きです。

 

ブログ自体は初めてではありませんが、もう10年近くブランクが空いているので、ある意味初心者なのかなと思います。

 

誤字脱字とか、改行位置だったり、デザイン的なものも含めて、お見苦しいものがあるかと思いますが、どうぞ温かい目で見守ってやってください。

 

また、ゲームのことだけじゃなくて、日常のことも少しずつ不定期ですがかいていけたらなと思います。

 

目的としては自分の日記というのもありますし、障害があっても普通の方と同じなんだよということを知ってもらえたらなと思ってます。